植毛 比較 薄毛 クリニック 費用

AGA知識編 AGAと髪・発毛の関係

AGA知識編 AGAと髪・発毛の関係

 

髪の成分
髪の毛は、皮膚の一部が変化したもので、頭皮の一部と言っていい代物です。髪は大きく分けると3つの層からできていて外側からキューティクル(毛表皮)、コルテックス(毛皮質)、メデュラ(毛髄質)で構成されています。髪の成分は、皮膚や爪と同じケラチンというたんぱく質で構成されていて、そのたんぱく質は、18種類のアミノ酸から構成されています。髪の生成に必要なそれらの栄養分が不足すると健康な髪が形成されなくなり抜け毛の原因になります。髪は皮膚の一部と考えられていますが、皮膚細胞と大きく違うのは髪の毛自体は生きた細胞ではないため一度ダメージを受けると簡単に修復することができないという点です。そのためAGAに限らず、まず髪を傷つけないことがヘアケアの大事なポイントとなります。髪を焦がしてしまうと硫黄のような臭いがするのは髪の毛の99%がケラチンという硫黄を含むたんぱく質で構成されているからです。また、ケラチンの中で最も多く含まれているのがシスチンです。約14〜18%も含むことを特徴としています。このシスチンは髪の栄養には欠かせないものでシスチンが多いほど毛は太く丈夫であるといえます。

 

発毛のしくみ
上でも述べましたが、髪はもともと皮膚の一部が変化したものです。従って、髪の発生は皮膚の発生に伴って生まれるわけで、いい髪を作るためにはいい頭皮環境が必要になります。髪は、地肌から見えている毛幹と、地肌の中に埋もれている毛根とに分けられます。この毛根の深部には毛球という膨らんだ部分が存在し、この部分がいわゆる毛髪を作り出している所です。毛乳頭に毛細血管から栄養分が運ばれてくると、毛髪の組織を生み出す毛母細胞が働きだし、盛んに細胞分裂を繰り返すことで髪を形作っていきます。ところが、血行不良や男性ホルモンの関係などの影響で毛母細胞がうまく働かない場合、髪が成長し切らす、次第に髪が薄くなります。

 

ヘアサイクル
髪の毛は発毛して抜け落ちるまでの一つの流れがあり、それをヘアサイクルと呼んでいます。AGAの場合、男性ホルモンによってこのヘアサイクルでいう休止期の髪が増えています。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期、脱毛期の4つに分けられ、成長期は髪全体の80〜90%を占めており、その名の通り毛母細胞にて細胞分裂が活発に行われ髪の毛が順調に成長している状態です。この成長する期間が男性で約3年〜5年と言われています。退行期は、髪全体の1%を占め、細胞分裂が減少し、髪の毛の成長が鈍くなります。この期間は約2〜3週間で、この期間を過ぎると髪が成長を止めます。それが休止期です。休止期は髪全体の10〜20%を占め、細胞分裂が完全にストップします。この期間は3〜4ヶ月続き、その後脱毛期で完全に抜け落ちてしまいます。問題は成長期で、この期間を十分な期間続けられず、退行期・休止期へと移行してしまうと薄毛の加速が進むのです。これがAGAといわれる症状の一部なのです。

AGA知識編 AGAと髪・発毛の関係関連ページ

AGA知識編 AGAとは
植毛手術を終えて1年と少し。期待と不安で植毛と向き合った数年間。なかなか植毛をする勇気も持てず、情報を集める悶々とした日々でした。でもそんな人がたくさんいるんではないでしょうか。費用、口コミ、評判などの自分の得た知識と、それを踏まえて実際に植毛手術を行った経験を少しでも共有できればと思います
AGA知識編 AGAの原因
植毛手術を終えて1年と少し。期待と不安で植毛と向き合った数年間。なかなか植毛をする勇気も持てず、情報を集める悶々とした日々でした。でもそんな人がたくさんいるんではないでしょうか。費用、口コミ、評判などの自分の得た知識と、それを踏まえて実際に植毛手術を行った経験を少しでも共有できればと思います
AGA知識編 AGAの抜け毛進行の特徴
植毛手術を終えて1年と少し。期待と不安で植毛と向き合った数年間。なかなか植毛をする勇気も持てず、情報を集める悶々とした日々でした。でもそんな人がたくさんいるんではないでしょうか。費用、口コミ、評判などの自分の得た知識と、それを踏まえて実際に植毛手術を行った経験を少しでも共有できればと思います
AGA知識編 AGAの予防対策
植毛手術を終えて1年と少し。期待と不安で植毛と向き合った数年間。なかなか植毛をする勇気も持てず、情報を集める悶々とした日々でした。でもそんな人がたくさんいるんではないでしょうか。費用、口コミ、評判などの自分の得た知識と、それを踏まえて実際に植毛手術を行った経験を少しでも共有できればと思います

ホーム 術前 手術・術後 クリニック一覧 キャンペーン情報 無料カウンセリング 自己紹介