植毛 比較 薄毛 クリニック 費用

ニドークリニックの費用、口コミ、評判などの比較

ニドークリニックの費用、口コミ、評判などの比較

 

札幌、仙台、新宿、八重洲、名古屋、大阪、福岡と全国に点在する植毛クリニックのパイオニア、Nido ニドーシステム頭髪専門クリニック。1975年から植毛業界のパイオニアとしての高い技術力をもち、自毛に加え人工植毛も行っています。

 

ニードル法
ニードル法は、1992年に韓国の国立慶北大のキム教授が開発した方法で、採取したドナーを株分けし、専用の植毛針で、穴あけと植え込みを同時におこなう方法です。単一植毛やChoi式とも言われます。ニードルによる単一植毛は、 東洋人の肌は黄色く、白い傷跡が目立ちやすいという事や、一つの毛穴から生えている髪の本数が少ないなどの理由で、日本人に適した植毛法と言えます。ニドークリニックでは、ただ生やすだけでなく、自然な生え方に満足いただくように、ニードル法を採用しています。一本一本丹念に植毛するので手間はかかりますが、このニードル法は、移植の際に専用の注射器状の針を使うため傷跡が残りにくく、また、毛髪の角度を調整しやすい点がメリットです。ニードル法は特殊な植毛器具を用いて「グラフト」=「株」を植え込みますので頭皮の傷口が小さく、角度や方向、間隔も自在に調整できます。仕上がりがとても美しいので生え際のように繊細さを求められる部位にはとくに適しています。高い定着率のために“グラフトづくり”はとても大切で、採取したドナー(移植片)を細かく分割して移植用の儀ラフとをつくります。この“グラフトづくり”と呼ばれる作業は、とても重要であり、熟練した技術と最新の注意が要求されます。ニドークリニックでは専門の技術者がこの“グラフトづくり”を行っています。美しい自然な生え際に仕上げるため、特殊な植毛器具を用いてグラフトを一歩一本丹念に植え込みます。グラフトに合わせた3種類の針で、素早く、精巧に植えることにより、傷口を最小限に抑えます。また、移植角度、間隔、サイズも自由に調整っできるため、ナチュラルで美しい仕上がりを実現します。特に、生え際のように繊細さが求められる部位には適しています。
このニードル法最大の利点は、ショックロスが起こりにくいということです。ショックロスは植毛を考えている方の躊躇する一番の理由だと思います。この危険を最小限に抑えられるのは大きいです。特にまだ髪が残っている、頭頂部を中心に植毛しようとなさっている方にはおススメです。ショックロスは既存毛がある部分に植毛する事で起きますので、植毛したい部分に既存毛がたくさんある人は注目すべき術式だと思います。

 

 

人工毛植毛
ニドークリニックの特許技術から、より自然なヘアスタイルを作ります。あらかじめその人に合った髪のカール、長さ、質感、色彩を調整した人工毛を1本づつ頭皮に植毛し、熟練した技術者の手による植毛は角度、間隔、バランスを考慮した美しい仕上がりを実現します。ニドークリニックでは数々の特許や技術で人工毛植毛を行います

 

完全に滅菌された使い捨て針、ニドー独自の特許技術「植毛針」
人工毛植毛を行う時に使う植毛針は、特許技術である[自動深度調節機能]を装備、頭皮に挿入した際に帽状健膜を探しあてると自動的に停止し植毛を完成させます。また針の太さは0.23mm、世界でもっとも細い植毛針で頭皮の傷を最少限に抑え、しかも電子照射により完全減菌されたディスポーザル(使い捨て)針です。

 

ニドー独自の特許技術の「人工毛」
人工毛を抜きたい時に、頭皮内には何も残さず1本のフィラメントとして完全に除去できる「電子融着α型毛根」はニドーが開発した独自の特許技術です。また「α型毛根」は定着性と施術性にも優れています。植毛時にせばまったループ部は、植毛後には頭皮内で復元して定着力を高めます。

 

安全性
万一、人工毛が切れた場合でも体内に残りません。他社の人工毛は毛根部分に結び目があるため、もし切れた場合、体内にその人工毛が残る可能性があります。ニドーの人工毛は画期的な電子融着技術により、一定以上の力を加えると融着部分がほどけ、一本の糸状になって抜けるため体内に残りません。人工毛は、ポリエチレン・テレフタレートとポリブチレン・テレフタレートと呼ばれる2種類の素材を使用しています。これは、人工血管や心臓のペースメーカーにも使われている、医学的にも安全で人体への親和性に富んだものです。しかも無害な無機顔料を使った原液着色法で、体内に溶け出すことのないきわめて安全性の高い人工毛です。日本食品分析センターにおける検査の結果、人体埋没物として求められる全項目で、安全性・非発ガン性が証明されています。

 

光沢・質とも、ほぼ人毛を再現
人工毛は、人毛と同じようなキューティクルがつけられ、極めて自然な光沢をもっています。年月が経過しても褪色することはありません。また豊富なカラーを用意、それぞれの人にあったカラーを選べます。

 

その他にメリットとして人工毛植毛なら、欲しいだけの本数が植えられることや、欲しいヘアスタイルを実現できること、生え際の自然さが際立つ仕上がりになることや、1日でふさふさの髪を再現できることなどがあります。

 

値段 
金額の高さは3段階評価で2です。植毛クリニックの平均的な金額と言えます

 

モイストヒーリング(湿潤療法)
創傷治療は、迅速に損傷した皮膚組織を本来の機能的性質に修復する治療です。モイストヒーリング(湿潤療法)を行うことにより植毛手術後の傷の直りを良くし、髪が定着しやすくなるだけなく、カサブタの直りが格段に早くなります。これにより手術後、早い段階で会社に行っても植毛手術を受けたと言う事がわからないというメリットがあります。これは忙しい人や休みの取れない人には非常にありがたいものだと思います。

 

人工毛植毛で有名なニドークリニックですが、自毛植毛も見逃してはなりません。1975年から創業し、人工毛植毛を古くから行っているだけに、ニドークリニックはかなり昔から自毛植毛を取り入れています。なので他の植毛クリニックより断然、実績と経験があるのです。術式はニードル法で白人より黒くて太い髪質の日本人に適した植毛法です。アメリカなどで流行っている術式もありますが、アメリカ人の毛根の深さや皮膚の違いなどがあるため、その点で優位なニードル法を選ぶ人も多いのです。また傷の直りを早くするモイストヒーリング(湿潤療法)はニドークリニックでしかやってない療法です。植毛はできれば人に知られたくない人がほとんどだと思います。自分もそうです。一週間以上休みが取れる人なら問題ないのですが、会社などの都合でそんなに長期休暇を取れない人も大勢いると思います。モイストヒーリング(湿潤療法)が傷の回復を助け、より早く傷口を元に戻してくれるのは、かなりありがたいです。個人的には植毛手術をしたとバレるバレないは大変重要だと思っていて、このモイストヒーリング(湿潤療法)を決定打にニドークリニックで植毛手術を受けるのも決しておかしくないと思います。

 

そしてニドークリニックといえば人工毛植毛です。ニドークリニックは人工毛植毛では常に時代の先端を行き、人工毛植毛の分野では世界でも著名なクリニックです。正直、自分は人工毛植毛は視野に入れておらず、自毛植毛と比べると問題の多い術式ではあると思います。が、多くの人に支持されているのも事実です。アメリカでは人工毛植毛自体が早くから完全に禁止されています。ですがそんな中、人工毛植毛を求めてアメリカからわざわざニドークリニックを訪れる人が沢山いるそうです。30年以上経ってもいまだにニドークリニックが生き残っていることからも分かるように、人工毛植毛を求める人が沢山いるのは確実で、人工毛を完全に視野から外すのはもったいないことだと思います。人工毛植毛のメリットは欲しいだけの本数が植えられる、これに尽きます。自毛植毛は植えられる数に限りがあり、それを超えた場合はもうどうしようもありません。自毛植毛だけでは思ったとおりのボリュームを得られないこともあります。少しの薄毛も絶対に嫌だ、と思う人は沢山いるんじゃないでしょうか?そんな人には人工毛植毛は魅力的だと思います。自分はカツラにどうしても抵抗感があるので、もし仮に自毛植毛ではカバーしきれないほど薄毛になったとしたなら、人工毛植毛を真剣に考えます。万能な薄毛対策があればいいのですが、そんな方法はないのが今の現状ですからね。人工毛はとても魅力のあるひとつの選択肢たと思います。検討してみてはどうでしょう

 

ニードル法、モイストヒーリング(湿潤療法)、人工毛植毛に興味がある方におススメのクリニックです

 

さらに詳しい説明はNido ニドーシステム頭髪専門クリニックこちらから


ホーム 術前 手術・術後 クリニック一覧 キャンペーン情報 無料カウンセリング 自己紹介