植毛 比較 薄毛 クリニック 費用

ウェルネスクリニックグループの費用、口コミ、評判などの比較

ウェルネスクリニックグループの費用、口コミ、評判などの比較

 

 

 

東京駅(東京八重洲北口)から歩いて3分、道を曲がってすぐにウェルネスクリニックがあります。支店に大阪梅田院、福岡博多院。大理石調の床が広がるエントランス。清潔で広々とした空間は、シンプルでありながらも来客者に安心感とやすらぎをあたえ、明るく、プライバシーに配慮された診察室でカウンセリングが受けられます。

 

 

 

ボズレー式
ウェルネス・クリニックグループが採用しているボズレー式植毛法は、特に最先端の手法と実績を誇っています。ボズレー式植毛法の運営元でもあるボズレー博士のクリニックはアメリカでトップクラスで、非常にメジャーな植毛法のひとつです。ボズレー式植毛法は、品質・専門性・安全性ともに確かな自信を持って提供できる自毛植毛技術。
ウェルネス・クリニックグループでは、ボズレー式植毛により、ひとりひとりに合った最適なヘアプランを提供。熟練の技術が、機械では再現できない自然な仕上がりを実現します。ボズレー式植毛は、ドナー(移植片)から毛髪1〜2本に株分けする『マイクログラフト法』と、数種類のサイズや太さの異なる毛髪を組み合わせて移植する『バリクラフト法』の2つを併用しています。グラフト(株)のサイズが小さいので、髪の流れ角度を自然に調整することが可能で植毛部位同士の間に不自然な隙間も空きづらいく、不自然感も防ぐことができます。また、バリクラフト法により、生え際のラインから頭頂部まで、自然なグラデーションを再現することができます。微妙な髪質の変化を忠実に再現するため、ヘアラインには細い側頭部の毛髪を、頭頂部などボリュームのある部分には後頭部の太い髪を使用するなど、変化をつけています。文字通り、細部にわたっていろいろなアレンジが利くので、ひとりひとりに合ったヘアスタイルを整えることができ、高い定着率を誇ります。

 

 

 

MHT式(マイクロパンチ・ヘア・トランスプラント)
マイクロ・グラフト植毛の一種だと思われる。(詳しくはカウンセリングでお聞きください)マイクロ・グラフト植毛は、ドナーを1〜3本の毛髪を含む、 直径1mm単位のグラフトに分けて植毛します。パンチ・グラフト植毛の改良版としてより細やかな仕上がりに対応できるようになりました。 パンチ・グラフト植毛では、10〜15本の毛髪を含む、直径3〜4mmのグラフトに分割していたため、 かなり小さなサイズとなります。 このマイクロ・グラフト植毛よりも大きな単位が「ミニ・グラフト植毛」でドナーを4〜6本の毛髪を含む、直径1〜2mm単位のグラフトに分かれます。 そして最近では、ミニ・グラフトよりも小さいグラフトにした「マイクロ・グラフト植毛」へ進化しました。この進歩により、繊細な髪の流れや密度の濃い植毛が可能になり、より自然な仕上がりが実現できるようになりました。MHT式は日本人やアジア人に適した術式で、高密度移植やギガセッションも行うことができ、マイクロパンチ植毛法の最大の利点は、比較的容易な手術手技であるという点だけでなく、高密度移植であっても、頭皮除去を伴わない他の手技と比較して、より大きなグラフトを選択することができる点です。

 

 

 

FUE式
FUEは、フォリキュラー・ユニット・エクストラクションと呼ばれる高度な最新植毛のテクニックで、2002年に発表されました。ストリップ法では、将来脱毛しない後頭部や側頭部から帯状にドナーを採取しますが、このFUE法では、機械で1mm程度くりぬくように個々の株を採取します。そして、丁寧に植毛部分に移植します。ストリップ法はグラフトを採取する部分を短くカットしますが、FUEでは更に広範囲を短くカットする必要があります。くりぬいた傷跡は直径1mm程度で縫合の必要はなく、3〜5日程度で治癒します。従来のストリップ法では一本の薄い線状の傷跡が残るのに対し、FUE法では点々の傷跡が残ります。FUEの長所は、メスを使わないため、縫合の必要もなく、回復が短時間で済むこと。メスによりドナー部分を切り取る必要がないので、大きな傷跡ができない。すぐに通常生活に戻れるなどがあげられます。

 

 

 

傷が目立たない
ウェルネス・クリニックグループの特徴として傷が目立たないことが上げられます。自毛植毛は、その名の通り自分の毛を移植するので、現状髪の毛が残っている部分から毛を採取する必要があります。その際、肌に傷がつきますが、ウェルネスクリニックは独自の技術を用いているので、縫合した跡が目立ちません。これは凄い技術で、はじめて写真を見た時は驚きました。是非ホームページの写真とその他の植毛クリニックの傷跡とを比べてみてください。その差は歴然でウェルネス・クリニックグループの写真は坊主にしてもわからないんじゃないかと思うくらい綺麗です写真はウェルネスクリニックからご覧になれます

 

 

 

値段 
金額の高さは3段階評価で2です。植毛クリニックの平均的な金額と言えます

 

 

 

サービス
手術の際には、遠方からでも無理なく来院できるよう、「交通費の一部負担」はもちろん、「指定ホテル宿泊費負担」の制度も用意されています。 クリニックの近くで利用しやすい、指定ホテル1泊分の宿泊費を負担してもらえます。
また、遠方の方でも「Eメール相談」を利用すれば、疑問や不安を気軽に相談できますし、費用の目安や手術後のイメージを具体的に知りたいという方には、「画像相談」が便利です。通常、自毛植毛をするまでに、いくつかの段階があり、メール相談からカウンセリング、事前検査など、少なくとも事前に1回はクリニックに行くことになります。ウェルネスクリニックの場合、カウンセリングまでもが全てメールで完結出来るので、何回もクリニックに行く必要がない点、手術までの段階手順がスムーズで、ストレスを感じさせません。遠方の方や、忙しい方で、事前にクリニックへ行けない方でも、 状況によっては、事前に画像診断+メールでのご相談・カウンセリング(無料)を済ませておけば、手術予定日そのまま手術が可能です。この場合、来院は一回ですみます。

 

 

 

ウェルネスクリニックグループの特徴としてまず、施術方法を選べるところがあります。普通の植毛クリニックなら大抵ひとつの術式で行っているのですが、ウェルネスクリニックグループでは3種類の方法の中から選べます。この利点は当たり前ですが他のクリニックでは自分のところの植毛法が一番あなたにあってるとしか言いません。そう言わないと他の植毛クリニックに客を取られてしまいますから。おそらくどんな人が来ても自分のところの術式が一番その人の頭皮環境に合っていると言うでしょう。しかしウェルネスクリニックグループの場合、一人一人の頭皮環境や薄毛の状況を専門家である医師が判断し、最適な施術方法をちゃんと提示してくれます。

 

 

 

そしてボズレー式を行ってるのも大きな特徴です。植毛大国アメリカで、ボズレーグループは全米に15のクリニックと70拠点以上(カナダ、メキシコ)ものコンサルテーションオフィスを所有するメジャー機関で、症例数も世界60カ国以上の人々への20万症例を数え、毛髪医療の分野では、世界有数の実績を誇ります。
この症例数の高さがボズレー式の安全性と高い定着率を裏づけているのです。さらに医師のレベルの高さも特徴的です。ボズレー式植毛の技術には高いレベルの医療技術はもちろん、高いデザインセンスも要求されるため、ボズレーグループに関わる医師たちは、採用にあたって極めて慎重な審査をクリアにしなければなりません。ボズレーの認定医となるためには、いくつものカリキュラムを経なければいけなく、ウェルネス・クリニックグループの場合は、自毛移植に関する知識を学んでから米国に渡り、ボズレーメディカルでボズレー式のノウハウや十数万症例のヘアデザインを参考にして数カ月間研修します。その後帰国し、米国ボズレーが日本に派遣した医療チームから、さらに移植手術の実施研修を受けて初めて、認定医の資格を得ることができるようになっています。その上採用後も継続的な研修において、クオリティの高い教育とボズレー独自の技術管理を受けています。この徹底した教育が高い技術力を生んでいるのです。

 

 

 

ウェルネス・クリニックグループはいろいろな術式の中から選びたい人やボズレー式植毛法が気になる方などにおススメです。


ホーム 術前 手術・術後 クリニック一覧 キャンペーン情報 無料カウンセリング 自己紹介